情報企画オンライン<天珠・天然石アクセサリ・アイテム作製・TRPG>銭澤時計店

■ スポンサードリンク

2019年02月14日(木)15:23  [真田左衛門佐信繁]
grp0214152904.png 541×800 1694K

真田左衛門佐信繁

 
真田昌幸の次男。母は山手殿。
姉は村松殿、兄は信之。弟に信勝、昌親。
妹に清陽院、清寿院、鎌原重春室、趙州院、清光院、於楽。
幼名は「弁(弁丸)」。輩行名は「源次郎」。
長じて、通称名を「左衛門佐」。諱を「信繁」。

生年は、享年を四十九歳とする説から逆算して永禄10年(1567年)とされている。
別に享年を四十六歳とする説があり、それに基づくと元亀元年(1570年)となる。
また、二男・大八(片倉守信)を家祖とする仙台真田家に残る記録に寄れば、誕生日は元亀元年2月2日(1570年3月8日)であるという。

主家であった武田家の滅亡後、上杉家へ人質として送られる.
後、豊臣秀吉の人質として大阪に移り、豊臣家家臣の大谷吉継の娘(竹林院)を正妻に迎える。

小田原征伐では忍城攻めに参加。文禄・慶長の役では肥前名護屋城に在陣。
関ヶ原合戦時には父と共に西軍に属し、上田城に籠もって徳川秀忠の大群を迎え撃ち、足止めすることに成功する(第二次上田合戦)。
しかし合戦自体は東軍勝利となったため、紀伊国九度山に配流となる。

14年間の蟄居の後、慶長19(1614)年に九度山を脱出。大坂城に入る。
三の丸外に出城「真田丸」を築き、徳川勢を知り怒ぞける活躍をする(大坂冬の陣)。

慶長20年5月7日(1615年6月3日)、大坂夏の陣では、家康本陣に突撃を敢行。
本陣は総崩れとなるも、突撃税も消耗し尽くし、安居神社(大阪市天王寺区)の境内で、西尾宗次討ち取られた。

なお現在「幸村」の名が広く知られているが、生前の史料でその名が使われている物はなく、諱(実名)は「信繁」が正しいとされる。

【関連商品はこちら】
六連銭 天然石武将ブレス「真田信繁(赤瑪瑙)」 六連銭 天然石武将ブレス「真田信繁(幸村)公 限定版(赤瑪瑙)」 【真田六連銭 缶バッチ】 


過去ログ 2011年01月 02月 03月 04月 05月 08月 09月 10月 12月 
2012年01月 02月 04月 05月 09月 10月 11月 12月 
2013年02月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 
2014年01月 03月 04月 10月 
2015年01月 03月 07月 08月 
2016年02月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 09月 10月 12月 
2018年01月 04月 05月 07月 08月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 09月 10月 11月 
2020年01月 04月 06月 07月 

一覧 / 検索
••• Contact •••

ブログ
Twitter
••• RSS •••
RSS1.0配信中
••• 日記内検索 •••
recent entries
••• calendar •••
Feb / 2019
Su Mo Tu We Th Fr Sa

12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

<-neo / vin->
• What's New •
••• About Us •••
••• thanks •••
Nicky!: diary CGI
Shi-dow: shi-painter
WonderCatStudio: dynamic palette
Promised Land: skin
非公式マニュアル : tips
賑町: icons
RSSアイコン:RSSicon
Caretaker Only
• MailMagazine •
情報企画:銭澤時計店のメールマガジン『月刊 dZi beadsのお話