情報企画オンライン<天珠・天然石アクセサリ・アイテム作製・TRPG>銭澤時計店
トップ • 分類: 真田・歴史/ブレスレット/ネックレス/天珠/その他アクセサリ/時計/ゲーム・書籍//全て
2019年04月13日(土)17:42  令和ブレスレット一覧。
D3ieXjOUIAEJbCk.jpg 1200×900 206K
新元号「令和」天然石ブレスレット「ルチルクオーツ」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「ルチルクオーツ」】

価格:10,000円+800円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「赤瑪瑙+水晶」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「赤瑪瑙+水晶」】

5,000円+400円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「ラピスラズリ」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「瑠璃(ラピスラズリ)+水晶」】

8,000円+640円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「ウルフズアイ(グリーンタイガーアイ)」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「狼眼石(ウルブズアイ)+水晶」】

7,000円+560円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「イエローアゲートオーラ」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「イエローアゲートオーラ」】

3,000円+240円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「赤瑪瑙+水晶(細)」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「赤瑪瑙+水晶(細)」】

2,000円+160円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「青瑪瑙+水晶(細)」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「青瑪瑙+水晶」】

2,000円+160円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「桜色1(ローズクオーツ+グリーンクオ-ツァイト)」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「ローズクオーツ桜色1」】

2,000円+160円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「桜色2(ローズクオーツ+グリーンクオ-ツァイト)」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「ローズクオーツ桜色2」】

2,000円+160円(税)


新元号「令和」天然石ブレスレット「ローズクオーツ」
【新元号「令和」天然石ブレスレット「ローズクオーツ」《訳あり特価品》】

1,500円+120円(税)


総て一点物になります。
売り切れの際はご容赦を頂きたく御願い申し上げます。


2019年04月07日(日)19:36  新元号【令和】を刻んだ水晶玉を結んだ、一点物天然石ブレスレット
IMG_20190407_171724814.jpg 2048×1536 238K
水晶珠に「令和」の文字を刻んだビーズを親珠にした天然石ブレスレットを制作しました。
総て一点物となります。

通販をご希望の方は、銭澤時計店Twitterか店主・銭澤守のFacebookのDMか
公式サイトmailフォームからお問い合わせ下さい。

一点一点のご紹介は後日行います。


2019年03月13日(水)20:07  [真田伊豆守信之(信幸)]
grp0313205346.png 800×1184 3708K

【真田伊豆守信之】


幼名不明。輩行名は源三郎。官名は伊豆守。
諱は始め信幸、後に信之とするが、信幸表記も用いた。

真田昌幸の長男。
母は山手殿。
同母姉に村松殿(宝寿院)、弟に信繁。
異母弟妹として、昌親、信勝、女(真田信尹長男・真田幸政室)、女(家臣・鎌原重春室)、女(保科正光室・保科正之養母)、於菊(趙州院。滝川一積室)、清光院(妻木頼熊室)、於楽。
正室は、始め父の長兄・信綱女(清音院)、後に本多忠勝女(徳川家康養女)小松殿(稲姫)。
子に、信吉、信政、信重、まん(高力忠房室)、まさ(佐久間勝宗室)。


幼年期は武田家の人質として過ごし、武田勝頼の嫡男・信勝と同時に元服。
信勝より、その祖父・信玄(晴信)の「信」を偏諱として受け「信幸」と名乗る。
武田家滅亡後、母の山手殿と共に上田の父の元へと逃れる。
真田家が織田家に従属すると、滝川一益配下に組み込まれる。
(この頃に同じく滝川麾下であった前田慶次郎と親しくなる)

本能寺の変・天正壬午の乱の後、真田家は沼田城を巡って北条氏と敵対。
信幸は八百の手勢で北条方五千が防衛する手子丸城を奪還。
信州小県を巡る争いでは父と共に計略を以て室賀氏を倒す。

沼田の領有を巡って対立していた徳川方が上田に攻め込むと、信幸は戸石城に着陣。
三百余の兵力で徳川本隊を横から攻め、壊走させた。(第一次上田合戦)

和睦の後、真田家は徳川家の与力大名とされる。このとき信幸を高評価した家康は駿府に出仕させ、本多忠勝の娘・小松を養女として娶せた。
小田原征伐後に沼田領は正式に真田帰属と確定し、信之が城主となる。

文禄3年(1594年)11月2日には従五位下伊豆守に叙任。後、従四位下に昇叙し、侍従を本官として伊豆守を兼任。
文禄・慶長の役(豊臣秀吉による朝鮮半島遠征)では肥前名護屋まで赴いているが、渡海はしなかった。
豊臣政権時代は特に石田三成と親しく、多くの文を交わしている。

関ヶ原合戦では西軍に付いた父と袂を分かち、徳川秀忠軍に属して第二次上田合戦に参加。ただし、戸石城を開城させ、その守備に当たったため、父・弟と直接戦うことはなかった。
関ヶ原が東軍勝利で終結すると、九度山配流となった父の所領を受け継ぎ、沼田と合わせて九万五千石を領有、上田藩主となる。
この頃から諱の表記が「信之」となるが、その後一時期「信幸」表記も用いた。

大阪の陣には病を理由として着陣せず、息子達を派遣した。

家康没後、松代藩に加増移封。
高齢となっていたが、三代将軍家光より「豆州は天下の飾り」と評され、九十歳を過ぎまで隠居が許されず、息子達に先立たれてのち、孫の幸道の後見として九十三歳まで藩政を執った。
健康法は湯治と自然観賞。
なお着用した鎧等から身長は六尺一寸(185cm)と推測される。

【関連商品はこちら】
六連銭 真田信幸(信之)公イメージ『黒瑪瑙』ブレスレット 【真田六連銭 缶バッチ】


過去ログ 2011年01月 02月 03月 05月 06月 07月 
2012年02月 06月 07月 08月 11月 
2013年07月 08月 09月 
2014年03月 07月 08月 09月 
2015年02月 03月 06月 08月 09月 10月 
2016年01月 03月 05月 06月 09月 
2017年07月 10月 
2018年03月 04月 07月 09月 
2019年01月 02月 03月 04月 

一覧 / 検索
••• Contact •••

ブログ
Twitter
••• RSS •••
RSS1.0配信中
••• 日記内検索 •••
recent entries
••• calendar •••
Apr / 2019
Su Mo Tu We Th Fr Sa

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

vin->
• What's New •
••• About Us •••
••• thanks •••
Nicky!: diary CGI
Shi-dow: shi-painter
WonderCatStudio: dynamic palette
Promised Land: skin
非公式マニュアル : tips
賑町: icons
RSSアイコン:RSSicon
Caretaker Only
• MailMagazine •
情報企画:銭澤時計店のメールマガジン『月刊 dZi beadsのお話