恐怖!! コウモリ型亜獣人あらわる?!
文責:越光恵美
 
 ゲームデザイナー日出山氏制作の資料より、亜獣人に関する恐ろしいデータを発見したのでここにご報告いたします。
 
 コウモリ型亜獣人
●身長2m翼長6mの巨大コウモリに変態。
 ただし、自力飛行不可。グライダー飛行は可能。
●変態後の能力修正
 体力+1 耐久力+1 敏捷+4
●攻撃方法
 噛み付き(3D6) 鈎爪(2D6+3)
●特記(特記判定は、常に+3)
☆ソナー
    ・暗闇で行動するのにペナルティを必要としない。
    ・自分の向いている方向に50m以内にある物の形状を認識できる(暗闇、水中、地中全て可。要するに魚群探知機のようなモノだと考えてください)。
☆聴覚が異常に鋭い。
    ・遠くの音、小さな音、壁の向こう側の音などを聞き取ることができる。
    ・大きな音(銃声、爆発音、大声)が近くで発生した場合、−4の肉体対抗判定を行わねばならない。
     判定に失敗すると、以降2ターンの間、全ての行動に−3の修正を受ける。
☆身軽
    ・変身後は、10m以上の高さから飛び降りて滑空飛行ができる。(判定は「軽業」で行う。難易度は状況に応じて決定。失敗した場合、失速して墜落する)
     飛行距離は「高さ*5/2m(例:20mの高さの崖から飛び降りると、50m先まで飛ぶことができる)」を基本とする。GMは、天候や地形を考慮して、距離や滑空時間を修正すること。
☆視覚が弱い。   
    ・視覚に関係する判定には−3の修正を受ける。
    ・人間形態でも視力が弱くなってしまうので、−3の修正を受ける。ただし、眼鏡を使用すれば、修正を受けなくてもよい。
 
 このデータを元に制作されたキャラクターでプレイをなさった方、感想をお送り下さい。
(参考文献:新天幻新聞六号 1997/10発行 在庫なし)
 
 MENU